玄箱の計画停電対策(2)

最近全然計画停電は無くなり、”計画停電対策”はちょっとタイミングを逃した気がしますが、まぁこれから夏にかけて有るかも知れないし。時間があるときにしかやらないので製作のペースが遅いのが敗因ですね‥‥。
とりあえず忘却する前に残しておきます。



  1. 製作2(続き)
    回路図(実際に使用)
    d0222779_2243589.jpg


    左半分は先に作って失敗に気づいたマルチバイブレータの回路と同じ遅延回路、右半分はタイマーIC555を使った遅延回路、それらを積分回路(トリガ)でつないでます。Tr3はリレーを押すだけです。


    これらをユニバーサル基板で作ったところ
    d0222779_22515913.jpg



    d0222779_22522226.jpg


    ここまでは順調。問題はここから‥‥。


  2. 玄箱への配線ポイント
    玄箱を開けて、基板とにらめっこしてました。どこから電源を取るかと。
    コンセントに電源が復帰したら電圧がかかるところでなけばなりません。電源を入れたままでいろんなところにテスターを当てて調べましたが、玄箱がオフの状態ではメイン基板上には、電源コネクタの部分しかありませんでした。それもそのはず、コネクタの5VはそのままMOSFETのpowerSWに入っています。とりあえず、GNDと玄箱の電源スイッチへ配線します。


    GND

    d0222779_22591886.jpg

    GNDはどこで取っても良いのですが、比較的大きめの部品が付いているところの方が半田付けしやすいので、私はCN4の6ピンにGNDがでているので、ここに半田付けしました。


    スイッチ
    d0222779_2315716.jpg

    スイッチは閉でGNDとメークするようなので、GNDの反対側に半田付けします。方向があるので間違わないように。


    一番重要な+5Vを取る部分ですが、結局電源基板に直接半田付けすることにしました。できるだけ電源基板には手を付けたくなかったんですが、ケーブルを切るよりこっちの方がマシだと思ったので。電源基板のコネクタ付近を見ると、空いているランドがあったので、そこに線をつっこみ半田付け。
    ※ちょうど赤丸の部分です


    d0222779_2363361.jpg



    d0222779_2382592.jpg



  3. テスト
    +5V/GND/スイッチの信号の3本を玄箱の外に出します。私はコンソールケーブルを出すために開けた裏蓋の穴を広げて出しました。結構古いプラスチックなので脆いので注意です。また、玄箱を開けた際にケーブルを引っかけて引きちぎらないように、ホットボンドでケーブルを固定しておきます。


    d0222779_23135183.jpg

    ふたを閉めればこれで終わり。あとはコンセントにつないでみるだけ。


    d0222779_23231260.jpg

    特に問題もなく、コンセントをつなぐと1秒後に電源が入りました。
    この基板だけの電流は、平常時でだいたい7~8mAくらい。結構電力を消費してしまうけど、USBメモリを挿したと思ってあきらめることにしよう。
    [PR]
    by tkn384 | 2011-04-05 23:31 | 電子工作


今の好きなことは、暇な時いじる玄箱とか家電とか


by tkn384

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家電
玄箱
電子工作
Raspberry Pi
未分類

以前の記事

2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2013年 08月
2012年 05月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

玄箱サーバ死亡
at 2014-09-23 16:39
初代玄箱USB増設
at 2014-08-31 14:05
RaspberryPiのバッ..
at 2014-07-21 23:31
Windows7とWindo..
at 2014-07-20 12:16
Windows7のPCを買い..
at 2014-07-06 01:48

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ネット・IT技術

画像一覧